リゾートマンション管理組合運営、管理会社変更に関するご相談は伊豆あたみハウジングへ。伊豆、熱海の不動産・マンション・別荘等もご紹介しております。

リゾートマンション管理・・・理事会

リゾートマンション管理・・・理事会

伊豆でのマンション・別荘生活便利ガイド

文字サイズ:

  • 理事会の立ち上げ

前回も書かせて頂きましたが、管理会社任せでは良い運営管理は出来ません。管理会社が管理者を兼ねる(管理会社による管理者管理)というのはもってのほかで、中には管理規約や理事会も無いリゾートマンションもあります。管理会社が管理組合に規約の作成と理事会の立ち上げを提案しないのは、会社の暴利を守るためとしか思えません。

そのようなマンションは残念ながら、管理費が適正化せず、将来資産価値がどんどん下がり、売るに売れず、管理費の滞納がどんどん増え、最終的には、間接的ですが他の所有者がみんなで負担(実際にお金を払うということではありません)ということになってしまいます。

  • 管理組合の法人化

管理規約も理事会も無いというリゾートマンションは、一度管理会社以外の専門家に相談することをお薦め致します。管理費の滞納が多いマンションや、駐車場用地でお悩みのマンションについては、管理規約作成の際は管理組合を法人化し、管理組合法人規約とするほうがよいでしょう。

  • 理事への立候補

管理規約があるリゾートマンションでは、理事の資格や選任方法について規約に大まかに定められていると思います。しかし実際には、理事の募集や選任方法について、各マンション非常に苦労されています。立候補されてくる方は非常に少なく、自ら積極的に立候補される方の中には、自分への利益誘導(修繕業者等との癒着)や、自分の考えが全て正しいと思い込み、マンション全体の平均的な意見を無視し、意見の対立する理事を「素人」と呼び、強引に理事会を動かそうとする方もいるそうです。

残念ながらこのような方が現れると、他の大事な議案が進まなくなり、非常に非効率的な理事会になってしまいます。マンションにとって大変な不利益ですね。会議の議長(理事長)や他の理事は毅然とした態度で臨まなければなりません。管理規約の理事選任方法の見直しや、細則・内規等きっちり定めて対応する必要があると思います。

  • 輪番制

そこで通常のマンションのように、輪番制を取り入れるリゾートマンションもあるようです。しかし、遠方だとの理由から断る方が多く、住んでいる方の比率がどうしても高くなる傾向にあります。理事会の開催場所を現地(マンション)だけではなく、東京で行うことも検討したほうがよいでしょう。更には立候補制と輪番制の組み合わせということも考えられますね。各マンションの事情に合わせた方法を模索してみては如何でしょうか。

続く・・・議案作成や進め方・事務局については次回とさせて頂きます。



伊豆・熱海で不動産(マンション・別荘・土地)をお探しの方は、上の一覧ページ又は左のメニューからお探し下さい。
当サイトにご希望物件が無い場合でも、当社加盟の不動産流通機構やアットホームビジネスベースからお探しし、ご紹介させて頂きます。物件リクエストフォーム

伊豆・熱海の不動産(マンション・別荘・土地)の売却をお考えの方は、左メニューのご売却相談のページからお問い合わせ下さい。

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional